カメガイ(亀貝)(読み)カメガイ

世界大百科事典 第2版の解説

カメガイ【カメガイ(亀貝)】

カメガイ科Cavolinidaeに属する浮遊性貝類の総称,またはそのうちの1種を指す。巻貝類であるがは巻かず,薄い殻がカメのような形をし,生きているときは左右のような平たく大きい側足を出して泳ぐので,そのようすからカメガイ,または翼足類の名がある。また,英名ではsea butterflyと呼ばれる。世界の温・熱帯海域に分布し,日本にはこの類でもっとも大きいカメガイCavolinia tridentata(イラスト)のほか,5種が分布している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android