コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤック カヤック kayak

翻訳|kayak

6件 の用語解説(カヤックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤック
カヤック
kayak

木と鯨骨の骨組みの上をアザラシなどの獣皮でおおったカヌーの1種。船体に1人の漕ぎ手の下半身を入れるだけの穴を開けたもので,軽く機動性にすぐれ,運搬も容易である。現在はスポーツレジャー用の舟としても取入れられ,カヤック競技も行われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カヤック(kayak)

エスキモーが猟に用いる小舟。木の枠にアザラシの皮を張って作る。
1に似た競技用カヌー。両端に水かきのあるパドル(櫂(かい))で左右交互にこぐ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カヤック

(1)イヌイットエスキモー)の用いる1人乗り皮舟。流木などを骨組にし,アザラシやトナカイの皮を張る。座席部分を除いて上面も皮で張ってしまう点が特色。長さ5〜6m,幅50cm程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カヤック【kayak】

新大陸の極北地域に居住するエスキモーが昔から使用している小型ボート。名称は東エスキモー語に由来し,男性用ボートともよばれる。 構造的には木材(流木)を組み合わせて木枠とし,座席以外は全面をアザラシの皮を張り,縫い合わせたもの。座席の部分はほぼ円形の開口部で,漕ぎ手はここに正座の姿勢ですわり,両端に偏平部のある木製のパドル(櫂)で推進する。アラスカ南西部やカナダ東部には複座式の例もある。おもな用途は水上における狩猟用で,アザラシ,オットセイセイウチなどの海獣と湖沼や川に追い込んだカリブーなどの狩猟に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カヤック【kayak】

イヌイットやネーティブ-アメリカンなどが使う、木の枠組みを海豹あざらしの皮で覆った小舟。中央に丸い穴をあけて座る。
競技用カヌーの一。を模したもので、両端に水搔みずかき(ブレード)のある櫂かい(パドル)を使う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヤック
かやっく
qayaqエスキモー語

エスキモーやイヌイットなど極北に住む先住民族が水上での猟に用いる1人乗りのカヌー。アリュートアレウト)人や南アラスカのエスキモーは2人乗りのカヌーを用いる。エスキモーの文化要素のうちもっとも古くから西欧社会に知られたものである。アイスランドの『サガ』は、紀元1000年ごろグリーンランドから北アメリカ大陸を南下したバイキングがスクレーリング(おそらくはエスキモー)と出会い、彼らが皮舟を使用していたと記している。カヤックは長さ7メートル、幅50センチメートルほどの木の枠組みを、脂肪を削り取って軽くしたアザラシの皮で覆ってつくり、中央に丸い穴をあけて操縦者が座れるようにしてある。櫂(かい)は1本で操縦する。1人で持ち運べるほど軽量でかつ快足、方向転換も自由にきく。エスキモーにはカヤックのほかにウミアックとよばれる大型のボートがあり、これはおもに鯨猟で用いられた。[岡 千曲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカヤックの言及

【カヌー】より

…競技用カヌーには2種類ある。(1)カヤックkayak(略号K) グリーンランドのエスキモー・カヤックに起源をもつ。舟はデッキで覆われ中央部に座席がありそこに腰をおろす。…

【舟∥船】より

…皮舟の代表的なものの一つが,イギリスやアイルランドの河川で用いられているようなコラクルcoracleと呼ばれる舟であるが,似た形の皮舟は古代メソポタミアでもすでに知られていた。このほか,エスキモーのウミヤックカヤックなども皮舟の一種である。ウミヤックはボート型で,おもに運搬や漁などに用いられ,エスキモーのほかにも,シベリアのチュクチ,コリヤーク,カムチャダール,ヤクートなどの民族が利用している。…

※「カヤック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カヤックの関連キーワードエスキモーエスキモー犬エスキモー語エスキモーロールエスニックメディアアメリカン・エスキモー・ドッグカナダ・エスキモーアラスカ・エスキモーカリブー・エスキモー《新大陸の熱帯諸地域への旅行》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カヤックの関連情報