コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤン族 カヤンぞくKayan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤン族
カヤンぞく
Kayan

ボルネオ島の先住民。隣住するクニャー族 Kenyahと文化的類似性をもつことから,インドネシア領東カリマンタンでは両者を一つのグループとみなしてバハウ族 Bahauともいう。人口は推定で約2万 7000。カヤン川,マハカム川カプアス川などの中流部に分布し,焼畑農耕を行い,米を主食とする。数家族から数十家族が共同で生活し,いくつかのロングハウスが村を構成する。親族関係は双系的である。世襲首長および貴族によって各村は統率され,平民層と奴隷層が存在するなど,明確な社会階層がみられる。伝統的宗教では最高神を崇拝し,鳥占いや豚の肝臓による占いが日常生活で重要である。またダヨン dayongといわれるシャーマンの信仰が強く,農耕儀礼も盛ん。鉄鍛冶の技術にすぐれ,弦楽器を主として用いる音楽や洗練された紋様をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カヤンぞく【カヤン族 Kayan】

ボルネオ島中央部に住むプロト・マレー系の民族で,陸稲を主とする焼畑農耕を営む。マレーシア連邦サラワク州に1万,インドネシア領内に4000ほどの人口をもつ(1975)。ロングハウス(長屋形式の高床式住居)に居住し,通常1軒の家屋が1集落を成す。親族制度は双系的で,ロングハウスの1室を占める直系家族より大きな親族集団は存在しない。各集落は独立的であるが,その中心には世襲の首長,貴族がおり,集落間の関係は貴族層の親族的紐帯によって調整されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カヤン族の関連キーワードカリマンタンティムール州ルカヤン国立公園ダヤク諸族ボルネオ島ダヤク族台上葬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android