コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤン族 カヤンぞく Kayan

2件 の用語解説(カヤン族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤン族
カヤンぞく
Kayan

ボルネオ島の先住民。隣住するクニャー族 Kenyahと文化的類似性をもつことから,インドネシア領東カリマンタンでは両者を一つのグループとみなしてバハウ族 Bahauともいう。人口は推定で約2万 7000。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カヤンぞく【カヤン族 Kayan】

ボルネオ島中央部に住むプロト・マレー系の民族で,陸稲を主とする焼畑農耕を営む。マレーシア連邦サラワク州に1万,インドネシア領内に4000ほどの人口をもつ(1975)。ロングハウス(長屋形式の高床式住居)に居住し,通常1軒の家屋が1集落を成す。親族制度は双系的で,ロングハウスの1室を占める直系家族より大きな親族集団は存在しない。各集落は独立的であるが,その中心には世襲の首長,貴族がおり,集落間の関係は貴族層の親族的紐帯によって調整されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カヤン族の関連キーワードイバン族カリマンタンジャクン族ボルネオ島マレー熊ボルネオ象クダットトラジャクニャー族ダヤク族

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone