コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラタチバナ からたちばな

1件 の用語解説(カラタチバナの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラタチバナ
からたちばな / 唐橘
[学]Ardisia crispa DC.

ヤブコウジ科の常緑小低木。単にタチバナ、コウジともいう。高さ30~60センチメートルになり、枝を分けない。葉は互生し、濃緑色で質が厚く、つやがある。広披針(こうひしん)形で先は細くとがり、縁(へり)に波状の歯牙(しが)と腺体(せんたい)がある。7月ごろ、長さ4~7センチメートルの柄の先に約10個の小さい白色花を散形につける。花冠は星形に深く5裂し、雄しべ5本、雌しべは1本。果実は球形、径6~7ミリメートルの液果で、11月に赤く熟し、年を越しても残る。果実の白いシロミタチバナ、黄色に熟すキミタチバナ、葉の斑(ふ)入りなど園芸品が多い。暖地の樹林下に生え、関東地方南部以西の本州、四国、九州、沖縄、中国南部に分布する。適湿の半陰地を好み、庭木や鉢植えにする。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカラタチバナの言及

【マンリョウ(万両)】より

…日本(関東地方以西~琉球諸島),済州島,台湾,中国,チベットに分布する。本種に近縁なものに,茎は高さ約30cm,葉は披針形で長さ8~18cmのカラタチバナA.crispa DC.がある。これは日本(関東地方以西~琉球諸島),台湾,中国に分布し,漢名を百両金と称し,マンリョウと同様に観賞用とする。…

※「カラタチバナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone