コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラタチバナ からたちばな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラタチバナ
からたちばな / 唐橘
[学]Ardisia crispa DC.

ヤブコウジ科の常緑小低木。単にタチバナ、コウジともいう。高さ30~60センチメートルになり、枝を分けない。葉は互生し、濃緑色で質が厚く、つやがある。広披針(こうひしん)形で先は細くとがり、縁(へり)に波状の歯牙(しが)と腺体(せんたい)がある。7月ごろ、長さ4~7センチメートルの柄の先に約10個の小さい白色花を散形につける。花冠は星形に深く5裂し、雄しべ5本、雌しべは1本。果実は球形、径6~7ミリメートルの液果で、11月に赤く熟し、年を越しても残る。果実の白いシロミタチバナ、黄色に熟すキミタチバナ、葉の斑(ふ)入りなど園芸品が多い。暖地の樹林下に生え、関東地方南部以西の本州、四国、九州、沖縄、中国南部に分布する。適湿の半陰地を好み、庭木や鉢植えにする。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカラタチバナの言及

【マンリョウ(万両)】より

…日本(関東地方以西~琉球諸島),済州島,台湾,中国,チベットに分布する。本種に近縁なものに,茎は高さ約30cm,葉は披針形で長さ8~18cmのカラタチバナA.crispa DC.がある。これは日本(関東地方以西~琉球諸島),台湾,中国に分布し,漢名を百両金と称し,マンリョウと同様に観賞用とする。…

※「カラタチバナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラタチバナの関連キーワードコウジ(カラタチバナ)カラタチバナ(唐橘)ゴゼンタチバナボタン(牡丹)ヤブコウジ科マンリョウ小林義雄花卉園芸金実橘代々橘藪柑子笹竜胆百万両盆栽柑子赤橘橙橘七竈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android