コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カランドリニア カランドリニア Calandrinia umbellata; rock purslane

2件 の用語解説(カランドリニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カランドリニア
カランドリニア
Calandrinia umbellata; rock purslane

スベリヒユ科の1属で世界に約 150種が分布するが,カランドリニア・ウンベラータという種が一般にカランドリニアの名で栽培される。本来は多年草であるが,園芸的には一年草として扱われる。直径2~2.5cmの小さな花は,輝くようなつやのある紫紅色の花弁をもち,雨や曇天時には花を閉じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カランドリニア
からんどりにあ
[学]Calandrinia

スベリヒユ科の多肉質の一年草または多年草。熱帯アメリカを中心に、一部はオーストラリアにも原産する。和名マツゲボタンと称する1種があるが一般的ではなく、最近はC. umbellata DC.がアンデスマツゲボタンの名で小鉢作りされている。茎は地をはい、毛に覆われた細い葉を多数つける。初夏から盛夏にかけて紫紅色の径2センチメートルほどの梅花状の花を多数つけ、昼に開き夕方に閉じる。実生(みしょう)または挿芽で容易に殖える。小鉢で乾燥ぎみに育てる。冬は0℃前後まで耐える。[伊藤秋夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カランドリニアの関連キーワードスベリヒユ科ポーチュラカ滑莧馬莧イヌビユスベリヒユオオスベリヒユスベリヒユハバチタチスベリヒユ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone