コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カランドリニア カランドリニアCalandrinia umbellata; rock purslane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カランドリニア
Calandrinia umbellata; rock purslane

スベリヒユ科の1属で世界に約 150種が分布するが,カランドリニア・ウンベラータという種が一般にカランドリニアの名で栽培される。本来は多年草であるが,園芸的には一年草として扱われる。直径2~2.5cmの小さな花は,輝くようなつやのある紫紅色の花弁をもち,雨や曇天時には花を閉じる。花弁は同じスベリヒユ科のマツバボタンのように薄く,紫紅色とクリーム色に咲き分ける品種や白花品種もある。草丈は6~15cmで,線状の葉は表面に細毛がある。鉢植えなどで栽培される。水はけのよい砂質土壌が適し,日当りのよい場所を好む。高温多湿には弱い。夏は半日陰で雨に当てないようになるべく涼しく管理する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カランドリニア
からんどりにあ
[学]Calandrinia

スベリヒユ科の多肉質の一年草または多年草。熱帯アメリカを中心に、一部はオーストラリアにも原産する。和名マツゲボタンと称する1種があるが一般的ではなく、最近はC. umbellata DC.がアンデスマツゲボタンの名で小鉢作りされている。茎は地をはい、毛に覆われた細い葉を多数つける。初夏から盛夏にかけて紫紅色の径2センチメートルほどの梅花状の花を多数つけ、昼に開き夕方に閉じる。実生(みしょう)または挿芽で容易に殖える。小鉢で乾燥ぎみに育てる。冬は0℃前後まで耐える。[伊藤秋夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カランドリニアの関連キーワード赤穂浪士一覧倍速核実験ノリウッド映画入湯税詩篇デメトリオス1世消費者余剰南海トラフ脳の本ブーム

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android