コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリアス Kallias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリアス
Kallias

[生]?
[没]前289以後
古代ギリシアの歴史家。シチリア島シラクサの僭主アガトクレスの宮廷に侍し,『アガトクレス治世史』 Ta peri Agathoklea (22巻) を著述。断片が現存する。彼はアガトクレスに好意的な記述をしているので,賄賂を受けたと疑われているが,非難をした古代ローマの歴史家ディオドロス・シケロスはアガトクレスの敵の資料によっているので必ずしも正しくない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリアス【Kallias】

前520ころ‐前446ころ
アテナイの名門貴族出身の政治家。父はヒッポニコス1世,妻はキモンの妹エルピニケ。同時代の最富裕者の一人で,そのあだ名〈穴倉成金〉から,致富源は銀山経営にあったと思われる。オリュンピアの戦車競技で3度優勝,マラトンの戦で功を立てた。ペルシア戦争を終わらせ,ペルシア・ギリシア間の勢力範囲を定めた〈カリアスの和約〉(前449)の締結者として有名であるが,この条約の存在については古代から疑問視する学者もいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カリアスの関連キーワードアルタクセルクセス[1世]ステファヌス2世(3世)西・南アジア史(年表)カリアスとヒッポニコスアイスキネス(哲学者)グレゴリウス(2世)ヒルデリヒ[3世]ザハリアーシュ広場ステファヌス2世ザカリアス広場テルチ歴史地区ピピン[3世]ミカレ岬の戦いカロリング朝ペルシア帝国ホンジュラスピピンの寄進1月14日エウポリスパリサイ派

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android