コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリッシミ Carissimi, Giacomo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリッシミ
Carissimi, Giacomo

[生]1605.4.18. ローマ,マリノ
[没]1674.1.12. ローマ
イタリアの作曲家。カンタータオラトリオの最初の大家。 1624~27年チボリ大聖堂の歌手,オルガン奏者。 29年以後,ローマのイエズス会のコレジウム・ジェルマニクムの楽長。代表作『イェフテ』を含む 16曲のラテン語オラトリオにより,後世のオラトリオ作曲の範を示した。 M.シャルパンティエ,C.ベルンハルトらすぐれた弟子が輩出。カンタータ作品も,表情豊かな旋律,多様な形式によって,18世紀後半まで室内カンタータの範例と仰がれた。その他,ミサ,モテト,室内アリアなど多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カリッシミ

イタリアの作曲家。オラトリオの典型を創始した。生地はローマ近郊のマリーノだが,その生涯には不明の点が多い。ティボリ大聖堂の聖歌隊員・オルガン奏者,アッシジの聖ルフィーノ聖堂の楽長を務めたのち,1629年ローマのイエズス会の教育施設コレギウム・ゲルマニクム(ドイツ学院)の楽長に就任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

カリッシミ【Giacomo Carissimi】

1605~1674) イタリアの作曲家。旧約聖書の物語に題材をとった「イェフテ」など一五曲のオラトリオは当時のオペラ様式を導入しており、オラトリオの古典的形態を確立した作品として重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリッシミ
かりっしみ
Giacomo Carissimi
(1605―1674)

イタリアの作曲家。初期のオラトリオ最大の作曲家であり、カンタータも重要である。4月18日、ローマ近郊のマリーニで生まれる。チボリの大聖堂歌手を経て第一オルガニストとなる。1628~29年アッシジの聖ルフィノ教会楽長を務める。引き続きローマの反宗教改革の拠点ともいうべき教育機関「コレジョ・ジェルマーノ」に属する聖アポリナーレ教会楽長となり、74年1月12日、ローマで世を去るまでこの地位にとどまった。『エゼキア』『イェフタ』に代表されるオラトリオをはじめ、ミサ曲モテット、カンタータの作曲に加え、マルカントアヌ・シャルパンチエ、ベルンハルト、ケルルらを育てた教育者としても重要である。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カリッシミの関連キーワードスカルラッティ(Alessandro Gaspare Scarlatti)スカルラッティイタリア音楽チェスティ樋口隆一合唱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android