コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリフォルニア星雲 カリフォルニアせいうん

世界大百科事典 第2版の解説

カリフォルニアせいうん【カリフォルニア星雲 California Nebula】

NGC1499。ペルセウス座ξ星の北1゜くらいのところにある散光星雲。1゜×2゜の大きな領域に広がっており,カリフォルニア半島に似た形をしているのでこの名まえがつけられた。1885年にE.バーナードによって15cm屈折望遠鏡を使って発見されたもので,小望遠鏡でも見ることができる。距離は2000光年と比較的近いが,星雲ガスの密度が低いためにあまり明るく見えない。1゜あまりに広がる淡い部分を見るためには,写真撮影をしなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリフォルニア星雲
かりふぉるにあせいうん

ペルセウス座にある散光星雲。ペルセウス座のζ(ゼータ)星あたりにあり、肉眼では見にくいが長時間露光の写真撮影ではよく写る。その形がアメリカのカリフォルニア州に似ているのでカリフォルニア星雲とよばれる。視野角が140分にも及ぶ非常に大きな散光星雲である。カタログ番号はNGC1499。距離は約2300光年。実視等級は6等、視直径は140分程度。1月初旬の午後7時ごろに東の空に、午後9時ごろに真上の空に見える。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android