コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル9世 カルルきゅうせい Karl IX

1件 の用語解説(カルル9世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル9世
カルルきゅうせい
Karl IX

[生]1550.10.4. ストックホルム
[没]1611.10.30. ニチェーピング
スウェーデン王(在位 1604~11)。野心家,扇動家として知られる。グスタフ1世の末子。異母兄エーリック14世追放の首謀者の一人(1568)。兄ヨハン3世および,その子シギスムント(1587年よりポーランドジグムント3世ワーザ,1592年よりスウェーデン王)と確執を繰り返し,宗教上の対立をも利用し(シギスムントはローマカトリック派,スウェーデン教会はルター派),シギスムントを追放して,1599年事実上の支配者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルル9世の関連キーワードストックホルム・アピールストックホルム学派ストックホルム症候群ストックホルムシンドローム王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルム室内管弦楽団ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルムマラソンストックホルム会議《ストックホルム・パピルス》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone