コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロビバリ Karlovy Vary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルロビバリ
Karlovy Vary

ドイツ語ではカルルスバート Karlsbadチェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方西部の都市。プラハの西約 120km,ラベ (エルベ) 川の支流のオフジェ川とテプラー川の合流点に位置する。世界的に有名な温泉都市で,1347年に神聖ローマ帝国カレル (カルル) 4世によって温泉保養地として建設されたといわれるところから,この名がある。 42~72℃のいくつかの泉源に恵まれ,観光,保養のために訪れる人が多い。町が急速に発達したのは 18~19世紀で,ベートーベンショパンゲーテシラーなども訪れている。ガラス製品,陶器,リキュール酒 (ベヘロフカ) は特産。ここで保養した有名人の碑が町のいたるところにあり,観光の名所になっている。1年おきに国際映画祭が開催されている。人口5万 6291 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カルロビバリ【Karlovy Vary】

チェコの西端部、エルツ山脈の南麓なんろくに位置する温泉・保養都市。鉱泉は薬用の飲用水として利用。ボヘミアガラス製造の本拠地。ドイツ名、カールスバート。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カルロビバリの関連キーワードマリアーンスケーラーズニェムリーンスカーコロナーダブジーデルニーコロナーダカルロビバリ国際映画祭聖マリアマグダレナ教会カルルスバートの決議アレクセイ グロモフトルジニーコロナーダモスクワ国際映画祭サドバーコロナーダカールズバッドテッシュナーカルルス温泉カルルス泉塩ヤーヒモフエルツ山脈エルツ山地飲用水本拠地山村聡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルロビバリの関連情報