コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレミー Kalémie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレミー
Kalémie

旧称アルベールビル Albertville (1966年まで) 。コンゴ民主共和国南東部の都市。ブカブ南方約 390km,タンガニーカ湖畔に位置。湖の水上運輸水産業中心地。鉄道の終点で,ここから湖上運輸を経てタンザニア東岸のダルエスサラーム港と結ばれる輸出入ルートにもなっている。繊維,石灰,水産,薬品などの工場もあり,観光の中心地でもある。人口9万 6212 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カレミー(Kalemie)

コンゴ民主共和国東部の都市。旧称アルベールビル。タンガニーカ湖から流出するルクガ川の河口に位置する。19世紀末、ベルギーにより港が建設され、鉱物などの水上輸送の拠点として発展した。カレミエ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレミー
かれみー
Kalme

アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)南東部のタンガニーカ湖畔にある都市。旧称アルベールビル。人口10万1309(1994)。タンガニーカ亜州の行政中心地で、19世紀末にベルギーにより建設された。タンガニーカ湖上運送の中心として、対岸のキゴマやブジュンブラと船で連絡されるほか、キンドゥからの鉄道の終結点でもある。[赤阪 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android