コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワイノシシ カワイノシシ Potamochoerus porcus; bush-pig

2件 の用語解説(カワイノシシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワイノシシ
カワイノシシ
Potamochoerus porcus; bush-pig

偶蹄目イノシシ科。ヤブイノシシともいう。体長1~1.5m。イノシシ属 Susのものに似るが,耳の先端に長い毛の総がある。尾が長く,先端にやはり毛の総がある。犬歯は小さい。夜行性で,日中は密生した藪の中に隠れている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワイノシシ
かわいのしし / 河猪
red river hog
[学]Potamochoerus porcus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目イノシシ科の動物。別名をアカイノシシ、ヤブイノシシともいう。分布は広く、アフリカの西部から中央部、東部、および南部の一部に生息する。体高50~75センチメートル、体重54~81キログラムほどで、長くて粗い毛が生える。口吻(こうふん)部は細長くとがり、耳も長くて先に毛の房が生える。老成した雄では、目の下方にいぼ状の突起が明瞭(めいりょう)となる。牙(きば)は短いが鋭い。毛色は産地によりさまざまである。南部や東部のものは暗褐色で黒っぽいが、西部のものは赤褐色を呈し、顔の黒と白の配色と鮮やかなコントラストをなし、きわめて美しい。森林やその周辺の深いやぶにすみ、6~20頭ほどの群れで暮らす。夜行性で動作はすばやく、泳ぎも巧みであるが、ヒョウが天敵である。雑食性で、木の根や果実のほか、鳥の卵、爬虫(はちゅう)類、昆虫なども食べる。1産3~6子を産み、子の体には白っぽい横縞(よこじま)がある。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワイノシシの関連キーワードイノシシイボイノシシブタ疣猪猪鍋ブタ(豚)イノシシ(猪)カワイノシシ(河猪)モリイノシシ(森猪)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone