コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントー Can Tho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カントー
Can Tho

ベトナム南部,カントー省省都ホーチミン市の南西約 130km,メコン川分流ハウジャン (バサック) 川の右岸に位置する河港都市。同国の重要な米作地帯であるメコン川デルタの最大の都市で,米の大集散地となっている。また古くから精米,ココヤシ油製造などの工業も盛んで,1960年代には北郊に工業地区が設置された。ホーチミン市から同国南端部にいたる幹線道路が通る。人口 20万 8326 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カン‐トー(Can Tho)

ベトナム南部、カントー省の都市。同省の省都。ホーチミンの南西約130キロメートル、メコン川の分流の一つであるハウザン川沿いに位置する。メコンデルタ最大の都市であり、交通の要地、経済の中心地、米の集散地となっている。農業研究が盛んなカントー大学、ホー=チミンの生涯と業績を紹介する博物館がある。カント。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カントーの関連キーワードレーベ(Johann Carl Gottfried Loewe)カントル(Tadeusz Kantor)ペーター シュライアーヘルムート リリング同音語のアクセントポーランド近代美術ラウシェンバーグラ・ママ実験劇場トーマス教会クロネッカーコンソン諸島ロケット団大橋 敏成7月14日ソクチャントゥリーナセベラックロンスエンデデキントオーリック

カントーの関連情報