コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピニー文化 カンピニーぶんか

3件 の用語解説(カンピニー文化の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カンピニー文化【カンピニーぶんか】

フランスを中心にベルギーオランダに分布する中石器時代後期の文化。1872年J.deモルガンが北フランスのカンピニーCampignyで遺跡を発見,漏斗(ろうと)状の住居跡や炉などが発掘され,初めてこの文化の存在が明らかになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カンピニーぶんか【カンピニー文化】

北フランス,セーヌ・マリティーム県のカンピニーCampigny遺跡を標準遺跡として設定された考古学的文化。同遺跡の発掘(1886)の結果,前期新石器時代とされ,ピック,刃器(トランシェ)によって特徴づけられた。前7千年紀以降北ヨーロッパに盛行した森林性文化であるマグレモーゼ文化の石器に類似するため,その文化的関連が論じられた。フランスでは新石器時代から青銅器時代初頭までの遺物と共伴するので,新石器時代を通して存在し,さらにカンピニー文化金石併用時代文化に継続すると考えられてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンピニー文化
かんぴにーぶんか
Campigny

フランス北半からベルギーにかけてみられる中石器時代の文化。一部は新石器文化と併存していたと考えられる。今日ではこの文化の存在を認めない研究者もいる。19世紀末にパリ郊外の同名の遺跡で発見された。カンピニー・アックスとよばれる特殊な石器が特徴的なものである。細石器もみられる。マグレモーゼ文化エルテベーレ文化と並び、森林地帯に適応した文化である。[藤本 強]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンピニー文化の関連キーワードカンヌサンドニセーヌ川ニースルーアンコメディーフランセーズサンマクルー教会ビルキエランゴスティーヌ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone