コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンペ カンペ Campe, Joachim Heinrich

4件 の用語解説(カンペの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンペ
カンペ
Campe, Joachim Heinrich

[生]1746.6.29. ディーンセン
[没]1818.10.22.
ドイツの教育家,文学者。フンボルト兄弟の師。デッソーの博愛学舎の学監に就任。のちハンブルクの近くに自分の教育施設を開設するが,1783年健康を害して断念する。 87年教育顧問としてブルンスウィックにおもむいて教科書出版会社を買収,数々の子供向け書籍を出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カン‐ペ

カンニングペーパー」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

カンペ

カンニングペーパー」の略。様々な趣向のものがあり、試験勉強よりもカンペ作りに情熱を燃やす学生もいる。しかしカンニングは不正行為であるため、大学によっては、試験期間中に一科目でもカンニングが発覚した場合、その年に取得した単位はすべて無効とする、という厳しい罰則規定もある。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カンペ【Joachim Heinrich Campe】

1746‐1818
ドイツの汎愛派の教育家,教育思想家児童文学作家。ブラウンシュワイク生まれる。大学で神学を学んだ後,一時期フンボルト家の家庭教師としてウィルヘルムアレクサンダーの兄弟を教えた。1776‐77年,J.B.バゼドーの指導するデッサウ汎愛学校で働いたが,その経験に基づき,80年以降独自の学校を設立して実践に取り組んだ。教育思想の点では,ルソーの影響を強く受け,自然主義の立場から子どもの自己活動を重視した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンペの関連キーワードザルツマンバゼドーキンダーガーテン汎愛主義グーツムーツ海外の教育思想長尾十三二藤原喜代蔵堀尾輝久ロヒョー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンペの関連情報