カーシェアリング(読み)かーしぇありんぐ(英語表記)car‐sharing

  • car sharing
  • carsharing

知恵蔵の解説

渋滞や駐車場不足の解消などを目的に、1台の車を複数の人が共同で使うこと。日本では1999年から横浜市や京都市、東京都内の複数の自治体などで実験が行われ、横浜では2002年に事業会社が設立された。政府関連法人や自治体が主導電気自動車や低公害ガソリン車を使っているのが特徴普及には、マイカー意識の克服課題といわれる。世界的には80年代後半にスイスで始まり、欧州各地や米国に広がっている。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

登録した複数の会員が自動車を共同利用するシステム、有料サービスのこと。車の所有・維持費用がかからないうえ、必要に応じて15分から30分といった短時間単位で、またレンタカーより低い料金で利用できることが多い。ヨーロッパで普及しており、消費者の節約志向が強まる日本でも2008年(平成20)以降、車の新たな利用形態としてカーシェアリングを提供する企業が増えている。カーシェアリングの普及は車の効率利用を促し、環境対策や渋滞解消にもつながるとみられている。

 カーシェアリングは1980年代にヨーロッパで始まり、1990年代にアメリカ、カナダにも広がった。2006年時点で世界18か国600都市において運営されており、スイスでは全人口の1%程度が利用している。日本では1990年代末から本格的なサービスが始まり、東京、名古屋、京都、福岡などの都市部に広がっている。レンタカーと異なり、利用できるのは登録した会員のみだが、入会金と月々の利用料を払い、インターネットや電話で予約すれば、自由に車を利用できる。料金は企業によってまちまちだが、15分ごとに200~400円前後と、走行1キロメートルごとに20円程度(走行距離ごとの料金をとらない企業もある)であり、6時間単位で借りるレンタカー(通常料金は数千円程度)よりも短時間利用の場合は割安になるケースが多い。レンタカーのように1回ごとに手続をする必要がなく、ICカードや携帯電話でドアロックを解除して、無人のカーシェアリング拠点から乗るのが一般的である。料金はICカードなどの利用履歴に応じて、毎月精算され、返却時にガソリンを補充する必要もない。

 交通エコロジー・モビリティ財団の調査では、2010年(平成22)1月時点で、全国に約30のカーシェアリング事業者があり、会員登録者数は全国で約1万6000人と、過去5年で10倍に増えた。レンタカー会社、駐車場会社、自動車ディーラー、総合商社などが相次いでカーシェアリング事業に参入している。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーシェアリングの関連情報