コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーゾン Curzon, George Nathaniel, 1st Marquis of Kedleston

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーゾン
Curzon, George Nathaniel, 1st Marquis of Kedleston

[生]1859.1.11. ダービーシャー,ケドルストン・ホール
[没]1925.3.20. ロンドン
イギリスの政治家。 1886~92年保守党所属下院議員。早くから東洋に対する強い関心をもち,87年以降数年にわたって東洋諸国を歴訪。その結果『中央アジアにおけるロシア』 Russia in Central Asia (1889) などの著書を刊行。インド次官 (91~92) ,外務政務次官 (95~98) を経て,99年インド総督に就任。ベンガル分割や民族運動抑圧など帝国主義的政策を強力に遂行したが 1905年に辞任。 07年オックスフォード大学総長。第1次世界大戦中の連立内閣に国璽尚書 (1915~16) として入閣。さらに枢密院議長 (16~19) に転じ,ロイド・ジョージ戦時少数内閣の閣僚および貴族院首領として活躍した。戦後は外務大臣 (19~24) として,ロイド・ジョージ連立内閣,A.ローおよび S.ボールドウィンの保守党に引続き席を占め,21年侯爵を授かる。その間ローザンヌ会議 (22~23) を主宰して,トルコにおけるイギリスの威信を回復し,23年にはルール占領に伴う独仏間の緊張の緩和に尽力した。 24年末から没するまで,再び枢密院議長をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーゾン【George Nathaniel Curzon】

1859‐1925
イギリスの政治家旅行家。少年時代から東洋の神秘に強くひかれ,アジア地域を中心に数多く旅行。この間,《中央アジアのロシア》(1889),《ペルシアとその問題》(1892),《極東の諸問題》(1894)などを著す。政治家としては,ソールズベリー内閣のインド次官,外務次官を経て,念願のインド総督(副王,1899‐1905)に就任。在任中,ベンガル分割(1905)をはじめとする露骨な植民地政策を遂行し激しい反英民族運動を招いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカーゾンの言及

【カーゾン線】より

…ほぼ現在のウクライナ(当時はソ連邦の構成共和国)・ポーランドの国境を成す線。北半は1919年12月に連合国最高会議によって,南半はポーランド・ソビエト戦争中の20年7月にイギリス外相G.N.カーゾンによって提唱され,合わせてカーゾン線の名をもって知られる。ほぼ民族誌的境界線に一致する。…

※「カーゾン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーゾンの関連キーワードカーゾン(Sir George Nathaniel Curzon)カーゾン(Sir Clifford Curzon)ポーランド・ソビエト戦争ポーランド・ソビエト戦争オーデル‐ナイセ・ラインオーロビンド ゴーシュオーデル=ナイセ線ヤングハズバンドベンガル分割令カーゾンホール独ソ不可侵条約ベンガル分割法ブーグ[川]5月18日1月11日ガリツィアウクライナベラルーシカーゾン線ヤルタ会談

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android