コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーナーボン城 カーナーボンじょう Caernarvon Castle

3件 の用語解説(カーナーボン城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーナーボン城
カーナーボンじょう
Caernarvon Castle

イギリス,カーナーボンにある城。カーテンウォール式城郭で,1283~1323年にウェールズ支配の象徴たる都市防衛施設として,エドワード1世ジェームズセントジョージに命じて建造。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カーナーボン‐じょう〔‐ジヤウ〕【カーナーボン城】

Caernarfon Castle》⇒カナーボン城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

カーナーボンじょう【カーナーボン城】

イギリスのウェールズ北西部、メナイ海峡にそそぐセイオント川の河口に位置するカーナボン(Caernarfon)にある城郭。ヨーロッパ中世の代表的な城塞の一つとされている。イングランドエドワード1世(1239~1307年)がウェールズ攻略のために築いた城塞の一つで、1283年に着工し、1301年に完成した。清教徒革命時に、この城はクロムウェルの要塞の一つとなったことでも知られる。1969年のチャールズ皇太子(プリンスオブウェールズ)の立太子式は、この城で行われた。世界遺産に登録されている。この城から東へ約800m離れたセゴンティアムにローマ軍の砦跡がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーナーボン城の関連キーワードスノードン山カナーボンハーレフバンゴールビューマリスメナイ橋ランベリススノードン[山]セント・ジョージ海峡プリンス・オブ・ウェールズ(イギリス皇太子)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone