コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウディヒ Gaudig, Hugo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウディヒ
Gaudig, Hugo

[生]1860.12.5. ザクセン,シュトッケイ
[没]1923.8.2. ライプチヒ
ドイツの教育家。ハレ大学で神学,哲学,古典語などを学び,卒業後各地で教鞭をとった。特に最後の 20年校長をつとめたライプチヒの高等女学校では,その精神的労作教育の実践が高く評価され,ガウディヒ・シューレとして名声を博し,自国ばかりでなく外国からも参観者が訪れた。彼の精神的労作教育論は,労作を単に身体的活動に局限せず,広く精神的自己活動としてとらえ,そのような自由な精神活動を通じて,生徒をより高次の人格に導くことを目標とするものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガウディヒの関連キーワード万延第二帝政ラトビア北京条約マイブリッジゲインズケスレルスペリードロッパーズバクストン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android