コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウランド ガウランド Gowland, William

2件 の用語解説(ガウランドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウランド
ガウランド
Gowland, William

[生]1842. ダラムサンダーランド
[没]1922.6.10. ロンドン近郊ケンジントン
イギリスの冶金技師。ゴーランドともいう。王立化学専門学校,同鉱業学校で化学,冶金を専攻,マンチェスターで製銅業に従事。明治5 (1872) 年 10月日本政府に招聘され,大蔵省大阪造幣寮で冶金方を担当,T.キンドル帰国のあと,同寮顧問となり,貨幣鋳造事業を指導した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ガウランド Gowland, William

1842-1922 イギリスの冶金(やきん)技術者。
政府の招きで明治5年(1872)来日。大阪造幣寮の化学兼冶金技師となり,試験分析所や熔解所で技術指導にあたる。また古墳の研究でも知られる。飛騨山脈日本アルプスと命名した。1922年6月10日死去。80歳。サンダーランド出身。イギリス王立鉱山学校卒。著作に「非鉄冶金学」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ガウランドの関連キーワードワンダーランドダーラムダーラム城スンダランド赤川次郎ワンダーランド恵那峡ワンダーランド漢字ワンダーランドトリップ トゥ ワンダーランドフリーランダーサンダーダランビア

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガウランドの関連情報