コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガジ ガジOpisthocentrus ocellatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガジ
Opisthocentrus ocellatus

スズキ目タウエガジ科。体長 20cmになる。体は細長く,側扁する。頭も側扁する。体色は茶褐色で,眼の後方に頭部背面を横切る新月状の暗色線がある。背鰭の眼状斑は5~6個。富山県・青森県以北,日本海北部,カムチャツカ半島に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガジ
がじ / 我侍
ocellated blenny
[学]Opisthocentrus ocellatus

硬骨魚綱スズキ目タウエガジ科に属する海水魚。朝鮮半島東岸、富山県以北の日本海、青森県以北の太平洋岸およびオホーツク海の日本各地、樺太(からふと)およびロシアの日本海側、千島列島、カムチャツカなどの沿岸などに分布する。別名ゲンナ。体は側扁(そくへん)して細長く、体表はぬるぬるする。背びれは棘条(きょくじょう)だけからなり、臀(しり)びれより高い。腹びれと側線はない。体は黄緑色でときには網目状の斑紋(はんもん)がある。背びれに5個の黒斑がある。沿岸の海藻の間にすむ小形種で、全長20センチメートルくらいにしかならない。おもにヨコエビ類、ワレカラ類などを食べる。成熟した雄は体が赤みを帯び、体の網目模様や背びれと臀びれの模様が顕著になる。卵は塊になって石の下、貝殻などに産み付けられ、雌は体を卵塊に巻き付けて保護する。アイナメ、クロソイなどの釣りの餌(えさ)にすることもある。食用として利用されていない。近縁種のハナジロガジO. tenuisによく似ているため混同されやすいが、ハナジロガジは吻端(ふんたん)が白く、背びれに6~7個の黒斑があることで区別される。タウエガジ、ムスジガジ、ヌイメガジ、ナガヅカなど北方系のギンポ類を総称してガジ類とよぶこともある。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガジの言及

【ナガヅカ(長柄)】より

…スズキ目タウエガジ科の海産魚(イラスト)。銚子および山陰地方以北,北海道,サハリン沖などに分布する寒流性の魚である。…

※「ガジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガジの関連キーワード遊動円木海氷シロチョウガイマベガイイワシカラスムギキャッサバクズ(葛)輪投げシーバスフィッシング

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガジの関連情報