ガス冷却炉(読み)ガスれいきゃくろ(英語表記)gas-cooled reactor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガス冷却炉
ガスれいきゃくろ
gas-cooled reactor

炉心を冷やす冷却材として気体を使う原子炉中性子減速材として黒鉛を使い,冷却材の気体としては炭酸ガス (二酸化炭素) ,ヘリウムを使うものが代表的である。世界最初の原子炉であるシカゴパイルも空気で冷却するガス冷却炉だった。炭酸ガス冷却型には,天然ウラン金属をマグノックス (マグネシウム合金) で被覆した燃料棒を使うマグノックス型炉 (コールダーホール型原子炉 ) ,それを改良した改良型ガス冷却炉 AGR,ヘリウム冷却型には高温ガス冷却炉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ガス‐れいきゃくろ【ガス冷却炉】

冷却材に気体を用いる原子炉の総称。特に、1950年代に英国で開発された黒鉛減速炭酸ガス冷却炉(コールダーホール型原子炉)や、フランスで開発された黒鉛減速炭酸ガス冷却天然ウラン金属燃料発電炉(UNGG)のこと。第二世代炉改良型ガス冷却炉(AGR)を含めていうこともある。GCR(gas-cooled reactor)。
[補説]第四世代原子炉として、ヘリウムを冷却材とする高温ガス炉ガス冷却高速炉の開発が進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ガスれいきゃくろ【ガス冷却炉】

冷却材として、二酸化炭素などの気体を用いた原子炉。 GCR 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のガス冷却炉の言及

【原子炉】より

… 使用材料による分類もよく行われる。燃料による分類としては天然ウラン炉,濃縮ウラン炉,減速材による分類としては黒鉛炉,重水炉,軽水炉,ベリリウム炉など,冷却材による分類としてはガス冷却炉,水冷却炉,ナトリウム冷却炉などがある。軽水減速軽水冷却炉はしばしば軽水炉と呼ばれるが,これには冷却水に圧力をかけ沸騰するのをおさえつつ高温水を得る加圧水冷却型と,炉心で沸騰を許して原子炉容器から蒸気を取り出す沸騰水冷却型とがある。…

※「ガス冷却炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android