コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス検知管 ガスけんちかんgas detecting tube

世界大百科事典 第2版の解説

ガスけんちかん【ガス検知管 gas detecting tube】

ガス濃度測定の一方法として,ピストンを備えたガス採取器で一定量のサンプルを採取し,これをガス検知剤と吸着剤(シリカゲル粒)とを交互に充てんしたガラス管に送り込んで,検知剤とサンプルに含まれているガスとの化学反応による色の変化具合を標準色と比較し,サンプル中のガス濃度を知る方法がある。この検知剤と吸着剤を充てんし両端を密閉した細いガラス管をガス検知管といい,使用する際には両端を切ってサンプルを送り込む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ガス検知管の関連キーワードガス検知器

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android