ガス検知管(読み)ガスけんちかん(英語表記)gas detecting tube

世界大百科事典 第2版の解説

ガスけんちかん【ガス検知管 gas detecting tube】

ガス濃度測定の一方法として,ピストンを備えたガス採取器で一定量のサンプルを採取し,これをガス検知剤と吸着剤(シリカゲル粒)とを交互に充てんしたガラス管に送り込んで,検知剤とサンプルに含まれているガスとの化学反応による色の変化具合を標準色と比較し,サンプル中のガス濃度を知る方法がある。この検知剤と吸着剤を充てんし両端を密閉した細いガラス管をガス検知管といい,使用する際には両端を切ってサンプルを送り込む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

ガス検知管
ガスケンチカン
gas detector

簡易で迅速な測定を目的としたガス分析器.発明者の名前をとって北川式ガス検知管ともいう.内径3 mm,長さ130 mm のガラス管内に,シリカゲルまたはアルミナゲル粒に検知するガスと化学反応して着色または変色する試薬(検知剤)を60~80 mm の長さに吸着充填したもの.この管に一定量の試料気体を通過させ,変色部分の目盛から測定ガス成分の濃度を求める.小型,軽量で,分析精度も高いことから各方面で広く利用されている.測定ガスの検知剤および測定限界は,NO2:硫酸オルトトリジン(0.01 ppm),NH3:硫酸チモールブルー(20 ppm),CO:硫酸パラジウム-モリブデン酸アンモニウム(0.1 ppm),CO2:チモールフタレン-NaOH(0~10%),Cl2:硫酸オルトトリジン(1 ppm)である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android