コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラ・プラキディア Aelia Galla Placidia

世界大百科事典 第2版の解説

ガラ・プラキディア【Aelia Galla Placidia】

388ころか390ころ‐450
ローマ帝国の皇女。テオドシウス1世とウァレンティニアヌス1世の末娘ガラとの間に生まれ,父帝の死(395)後はスティリコとその妻セレナの養育に託された。408‐409年ローマ市を脅かしていた西ゴートの手中に落ち,410年8月西ゴートのローマ市略奪後,捕虜として連れ去られる。414年西ゴート王アタウルフと結婚し,親ローマ政策を採るよう夫に働きかけたと思われるが,アタウルフは翌年殺害された。416年の同盟締結により西ゴートからローマ側に返還されたプラキディアは,翌417年異母兄ホノリウス帝の命で将軍コンスタンティウスと再婚し,1女1男(のちのウァレンティニアヌス3世)をもうけた後,421年兄を説いて夫を共治帝とさせ,自らはアウグスタ位を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガラ・プラキディアの言及

【ローマ】より

…東の帝国は1453年までいわゆるビザンティン帝国として存続するが,西の帝国は476年をもって皇帝が存在しなくなり,それ以後しばらくはおおむね東帝の権威を認めるゲルマン人の諸王が支配する。西では,ホノリウスの死後,簒奪者ヨハンネスの間奏曲を挟んで,ホノリウスの異母妹ガラ・プラキディアの息子ウァレンティニアヌス3世(在位425‐455)が帝位を占めた。ホノリウス治世の前半はバンダル出身のローマ軍司令官スティリコが政治の実権を握り,ウァレンティニアヌス3世の治世は母ガラ・プラキディア(450没)の影響下にあった。…

※「ガラ・プラキディア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガラ・プラキディアの関連キーワードサン・パオロ・フオリ・レ・ムーラ教会ウァレンティニアヌス[3世]ガラ・プラキディア廟ボニファティウス福音史家の象徴クリソログス良き羊飼いラベンナ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android