コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルア ガルアGaroua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガルア
Garoua

カメルーン北部の町。地方行政の行政庁所在地。ヤウンデ北北東約 630km,ベヌエ川北岸に位置。商業中心地で,周辺にワタのプランテーションがあり,ほかにナンキンマメ,イネ,ゴマなどを栽培。綿花加工,皮細工,漁業が行われる。7~10月の雨季にしか使用できないがベヌエ川の河港でもあり,カメルーン北部のほかチャド南部の輸出入の一部も扱う。人口 14万 2000 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガルアの関連キーワード世界のおもな局地風A. アヒジョアンデス山脈海岸砂漠気候ンガウンデレリマ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android