ガルミッシュパルテンキルヘン(英語表記)Garmisch-Partenkirchen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ドイツ最高峰ツークシュピッツェ (2962m) のあるウェッターシュタイン山地北麓にある。ドイツ最大の観光・保養地の一つで,ツークシュピッツェへの登山電車も発着し,登山,避暑スキーなどの客でにぎわう。 1936年の冬季オリンピック開催地。その前年にガルミッシュとパルテンキルヘンの2町が合併して市となった。ガルミッシュには新旧2つの聖マルチヌス聖堂,パルテンキルヘンには 18世紀の聖アントニウス聖堂などがある。人口2万 6837 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガルミッシュパルテンキルヘンの関連情報