コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルミッシュパルテンキルヘン Garmisch-Partenkirchen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガルミッシュパルテンキルヘン
Garmisch-Partenkirchen

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ドイツ最高峰ツークシュピッツェ (2962m) のあるウェッターシュタイン山地北麓にある。ドイツ最大の観光・保養地の一つで,ツークシュピッツェへの登山電車も発着し,登山,避暑,スキーなどの客でにぎわう。 1936年の冬季オリンピック開催地。その前年にガルミッシュとパルテンキルヘンの2町が合併して市となった。ガルミッシュには新旧2つの聖マルチヌス聖堂,パルテンキルヘンには 18世紀の聖アントニウス聖堂などがある。人口2万 6837 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ガルミッシュパルテンキルヘン【Garmisch-Partenkirchen】

ドイツ南端部、オーストリア国境に近い、アルプス山脈北麓ほくろくに位置する保養都市。夏には登山客・保養客、冬にはウインター-スポーツ客が多数訪れる。第四回冬季オリンピック開催地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ガルミッシュパルテンキルヘンの関連キーワードガルミッシュパルテンキルヘン・オリンピック冬季競技大会シャモニー・オリンピック冬季競技大会オリンピック冬季競技大会五輪選手の最年長・最年少オーベルアンメルガウエリック グアイカンダハーレースバラングルートアイスホッケーシュトラウスブランデージ稲田 悦子ウインターヘニー滑降ラン回転

ガルミッシュパルテンキルヘンの関連情報