コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーリプ・デデ ガーリプ・デデ Gâlip Dede

2件 の用語解説(ガーリプ・デデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーリプ・デデ
ガーリプ・デデ
Gâlip Dede

[生]1757. イスタンブール
[没]1799.1.5. イスタンブール
オスマン帝国の宮廷詩人。本名 Mehmed Esad。ガーリプ・デデというのはメフレビー教団シャイフ (長老) となってからの呼び名。イスタンブールで教育を受けたのち役人となったが,この頃から神秘主義にひかれ,メフレビー教団本拠地コンヤに居を移した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーリプ・デデ
がーりぷでで
Glip Dede
(1757―1799)

オスマン・トルコ帝国の宮廷詩人。イスタンブールに生まれる。国政会議書記局員のとき、神秘主義教団メブレビーの熱心な信者となり、教団の本拠地コンヤで修業。のち、イスタンブールのガラタ地区支部のシャイフ(長老)に任ぜられた。的確な比喩(ひゆ)、躍動した文体を特徴とし、その代表作『美と愛』(1782?)はトルコ宮廷文学の最高傑作の一つで、象徴詩を思わせる詩を多く含んでいる。[永田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガーリプ・デデの関連キーワードイスタンブールウエスタンブーツイスタンブール宣言イスティクラール通りキルヨスンブールイスタンブールユーラシアマラソンスタンブール特急イスタンブールの地下貯水池コンスタンティノープル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone