コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーリプ・デデ ガーリプ・デデGâlip Dede

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーリプ・デデ
Gâlip Dede

[生]1757. イスタンブール
[没]1799.1.5. イスタンブール
オスマン帝国の宮廷詩人。本名 Mehmed Esad。ガーリプ・デデというのはメフレビー教団のシャイフ (長老) となってからの呼び名。イスタンブールで教育を受けたのち役人となったが,この頃から神秘主義にひかれ,メフレビー教団の本拠地コンヤに居を移した。のち,同教団のイスタンブール支部の長老となった。時の支配者セリム3世の寵愛を受け,帝の改革政治を支持し続けた。詩人としては 17世紀以来のペルシアやインド方面の作風の影響を受け,情熱的な宮廷詩人として知られる。代表作『詩集』 Dîvân (1781) ,『美と愛』 Hüsn-ü Aşk (82頃) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーリプ・デデ
がーりぷでで
Glip Dede
(1757―1799)

オスマン・トルコ帝国の宮廷詩人。イスタンブールに生まれる。国政会議書記局員のとき、神秘主義教団メブレビーの熱心な信者となり、教団の本拠地コンヤで修業。のち、イスタンブールのガラタ地区支部のシャイフ(長老)に任ぜられた。的確な比喩(ひゆ)、躍動した文体を特徴とし、その代表作『美と愛』(1782?)はトルコ宮廷文学の最高傑作の一つで、象徴詩を思わせる詩を多く含んでいる。[永田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガーリプ・デデの関連キーワードトルコ文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android