コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キオス島の虐殺 キオスとうのぎゃくさつ Scènes des massacres de Scio

2件 の用語解説(キオス島の虐殺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キオス島の虐殺
キオスとうのぎゃくさつ
Scènes des massacres de Scio

フランスの画家ドラクロアが 1824年のサロンに出品した油絵。 417× 315cm。ルーブル美術館蔵。ギリシア独立戦争の史実とは多少異なるが,キオス島トルコ兵によってギリシア人2万人が虐殺された無残な事件を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

キオス島の虐殺

フランスの画家ウジューヌ・ドラクロワの絵画(1824)。原題《Scènes des massacres de Scio》。19世紀のギリシャ独立戦争において、トルコ軍がキオス島民を虐殺したという事件を題材とした作品。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キオス島の虐殺の関連キーワードドラクロワアルジェの女たちアルジェリア風のパリの女たちサルダナパールの死地獄のダンテとウェルギリウスダンテの小舟ドラクロワ礼賛マティスの肖像民衆を導く自由の女神メデューズ号の筏

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キオス島の虐殺の関連情報