キオス島の虐殺(読み)キオスとうのぎゃくさつ(英語表記)Scènes des massacres de Scio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キオス島の虐殺
キオスとうのぎゃくさつ
Scènes des massacres de Scio

フランスの画家ドラクロアが 1824年のサロンに出品した油絵。 417× 315cm。ルーブル美術館蔵。ギリシア独立戦争史実とは多少異なるが,キオス島でトルコ兵によってギリシア人2万人が虐殺された無残な事件を描く。ダビッド流の古典主義絵画に終焉をもたらすとともに,ロマン主義絵画の確固たる地歩を築いた作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

キオス島の虐殺

フランスの画家ウジューヌ・ドラクロワの絵画(1824)。原題《Scènes des massacres de Scio》。19世紀のギリシャ独立戦争において、トルコ軍がキオス島民を虐殺したという事件を題材とした作品。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android