コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌタソウ キヌタソウ Galium kinuta

2件 の用語解説(キヌタソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キヌタソウ
キヌタソウ
Galium kinuta

アカネ科の多年草。本州,四国の山地に生える。茎はほとんど分枝せず,すんなりと直立して 40~60cmになる。細長く断面は四角形で毛はない。葉は幅の広い披針形で先はとがり,長さ 5cm,幅1~2cm,4枚輪生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヌタソウ
きぬたそう / 砧草
[学]Galium kinuta Nakai et Hara

アカネ科の多年草。茎は高さ30~60センチメートル。花は小さく、7~8月に開く。葉は4枚が輪生し、卵状披針(ひしん)形で大きく、ヤエムグラ属の他の種は線形ないし披針形で小さく、容易に区別できる。名は、柄のついた果実の形を、布をたたく砧(きぬた)に見立てたという。本州、四国の山地の林内や向陽地に生え、さらに中国に分布する。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キヌタソウの関連キーワード鈴虫草山薊牛の毛草河原松葉砧草車葉草香茅米茅操の木雌刈萱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone