コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャントリル キャントリル Cantril, Albert Hadley

2件 の用語解説(キャントリルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャントリル
キャントリル
Cantril, Albert Hadley

[生]1906.6.16. ユタ,ハイラム
[没]1969.5.28.
アメリカ社会心理学者。マス・コミュニケーション世論における大衆の受ける影響の分析で有名。主著『ラジオの心理学』 The Psychology of Radio (1935,G.W.オルポートと共著) ,『社会運動の心理学』 The Psychology of Social Movements (41) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャントリル
きゃんとりる
Albert Hadley Cantril
(1906―1969)

アメリカの社会心理学者。ダートマス大学を卒業後、ミュンヘンベルリンおよびハーバードの諸大学で学ぶ。プリンストン大学教授などを歴任した。マス・コミュニケーション大衆運動、政治、国際世論など現実問題を実証的に研究した。『火星からの侵入』(1940)は、臨時ニュース風なラジオドラマが引き起こしたパニック(1938)を、その社会的・文化的背景と参加した人々の社会心理学的属性について調査した有名な著作である。ほかに、社会的判断の枠組みが崩れた状況で人々が意味を求めて参加する現代大衆運動を論じた『社会運動の心理学』(1941)や『絶望の政治』(1958)などがある。[塩原 勉]
『南博他訳『社会運動の心理学』(1959・岩波書店) ▽斎藤耕二・菊池章夫訳『火星からの侵入――パニックの社会心理学』(1971・川島書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャントリルの関連キーワード寛にたゆたにハイライター寛のたゆたにゆた・うハイ・ライズハイライト・メンソールハイライン返事はいらない湯たんぽいらず門田ゆたか

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone