コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュー植物園 キューしょくぶつえん

百科事典マイペディアの解説

キュー植物園【キューしょくぶつえん】

英国の王立植物園で,ロンドン郊外キューKewにある。面積は120haで,規模,設備ともに世界一といわれる。1759年の創立時には8haであったが,バンクス園長の時代に拡張されて現在に至る。大英帝国時代には世界の植物園の中枢として各地から膨大な収集品を集め,また代々第一級の植物学者が園長を務めた。数個の大温室,花壇,分類植物園,芝生,図書館,研究室などがあり,標本はその所蔵数世界一で,研究報告も出版しており,《キュー植物目録》は植物分類学における必備文献である。
→関連項目植物園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キューしょくぶつえん【キュー植物園 Royal Botanic Gardens,Kew】

イギリスのロンドン西郊外にある植物園で,大英帝国が隆盛を極めていたころには,エジンバラダブリンをはじめ,アジアでもカルカッタ,シンガポールなどにあった大英帝国傘下の植物園群の中枢となっていた。現在も,世界最大のハーバリウム(植物資料標本館)をもっており,植物分類学研究のセンターの一つである。1759年に王立植物園になったときには8万1000m2の規模であったが,18世紀末にバンクスJ.Banksが園長をしていた間に約10倍に拡張し,現在では120万m2を上回る広さを占めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キューしょくぶつえん【キュー植物園】

ロンドン市郊外のキュー(Kew)地区にある王立の植物園。世界最大の植物標本をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のキュー植物園の言及

【温室】より

…加温設備をもつガラス張りの植物栽培用の建物。これに対してビニルやポリエチレンフィルムを張った植物栽培用の建物をハウスという。ハウスは1年のうちのある特定の期間だけ利用し,寿命も数年であるが,温室は1年を通して利用する半永久的な施設である。温室は屋根の形から片屋根式,スリークオーター(不等辺屋根)式,両屋根式,連棟式,ドーム型などに分類される。温室を建てる場合には,作物の種類や利用目的によって形や大きさを決め,木,鉄,アルミニウムなどで骨組みを作る。…

【植物園】より

…このころから科学としての植物学が成立し,それとともに多くの著名な植物学者たちが植物園長になっている。たとえばJ.D.フッカーとW.J.フッカーの親子(キュー植物園),K.F.P.vonマルティウスとA.W.アイヒラー(ミュンヘン植物園),H.C.A.エングラー(ベルリン・ダーレム植物園),H.ド・フリース(アムステルダム大学植物園)などである。現在でも大きな植物園の園長は一流の植物学者であることが多い。…

※「キュー植物園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キュー植物園の関連情報