コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョンサンナム(慶尚南)道 キョンサンナムKyǒngsang nam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョンサンナム(慶尚南)〔道〕
キョンサンナム
Kyǒngsang nam

韓国の南東端にある1級行政区。道庁は国の直轄するプサン (釜山) 市にある。行政区域は 10市 19郡。東部はテベク (太白) 山脈,西部はソベク (小白) 山脈に属する山地と丘陵である。ナクトン (洛東) 江と支流のナム (南) 江が山脈の間を縫って広い谷やチンジュ (晋州) ,ハプチョン (陝川) などの盆地を潤し,下流に三角州のキムヘ (金海) 平野が発達している。農業が盛んで,2毛作が広く行われる。主作物は米,オオムギとサツマイモ。特にオオムギはキョンサンプク (慶尚北) 道とともに国の中心的な産地である。商品作物はタバコのほかブドウ,カキ,モモ,リンゴ,ナシなどの果樹が多い。大消費地のプサン市を控えて,ネギ,トマト,キュウリ,スイカなどの促成栽培が行われる。養蚕と牧牛も盛んで,多角的農業が特色である。 1960年代から急速に工業化が進められ,ウルサン (蔚山) 市,マサン (馬山) 市,チンヘ (鎮海) 市,チャンウォン (昌原) 市に工業団地が造成され,重工業が発達している。沿岸は好漁場で,漁業が盛んである。南岸は沈降性海岸で屈曲が多く,コジェ (巨済) 島,ナムヘ (南海) 島などが散在して,ハルリョ (閑麗) 海上国立公園に指定されている。ソベク山脈のカヤ (伽 倻) 山中にある海印寺,ヤンサン (梁山) 郡の通度寺は,韓国有数の古刹である。面積1万 1847km2。人口 367万 9396 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キョンサンナム(慶尚南)道の関連キーワードサムチョンポ(三千浦)市チャンウォン(昌原)市ウイチャン(義昌)郡プサン(釜山)直轄市ナムウォン(南原)市チュンム(忠武)市キムヘ(金海)平野チンジュ(晋州)市ウルサン(蔚山)市ソムジン(蟾津)江ミリャン(密陽)郡ハンサン(閑山)島コチャン(居昌)郡ヤンサン(梁山)郡ハドン(河東)郡チンヘ(鎮海)市コジェ(巨済)島マサン(馬山)市カヤ(伽倻)山チリ(智異)山

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android