コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルサーノフ Semyon Isaakovich Kirsanov

2件 の用語解説(キルサーノフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キルサーノフ【Semyon Isaakovich Kirsanov】

1906‐72
ソ連邦の詩人。オデッサに生まれ,早くから詩を書きはじめるが,18歳のときにマヤコフスキーに会い,強い影響を受け,この詩人の模倣者となる。マヤコフスキーの主宰する〈レフ(芸術左翼戦線)〉に加わり,幻想的で物語性に富み,言葉の遊びを含むユニークな詩集《照準》(1926)や《経験》(1927)で注目された。30年代以降,ソビエト社会の要請に応じて社会主義建設を賛美し,ファシズムと戦争に反対する主題を抒情的なモティーフと重ねた作品を書きつづけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キルサーノフ
きるさーのふ
Семён Исаакович Кирсанов Semyon Isaakovich Kirsanov
(1906―1972)

ソ連の詩人。マヤコフスキーらの雑誌『レフ』に参加。作風はマヤコフスキーと未来派の影響が著しいが、明るい幻想性とメルヘン的な構成に特色がある。詩集は『照準』(1926)、『経験』(1927)、『同志マルクス』(1933)、『シンデレラ』(1936)、『夢の中の呻(うめ)き』(1937)、『希望峰』(1938)、『アレクサンドル・マトロソフ』(1946)、『マカール・マザイ』(1950)など。[小笠原豊樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キルサーノフの関連キーワードオデッサオデッツソ連デッサンソ連邦ビデオデッキオデッサ・ファイルオデッセイオデッセイの脅威を暴けオデッサ・テクノス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone