キレン(英語表記)Quillen, Daniel Gray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キレン
Quillen, Daniel Gray

[生]1940.6.27. ニュージャージー,オレンジ
[没]2011.4.30. フロリダ,ゲーンズビル
アメリカ合衆国の数学者。代数的K理論への貢献を認められ,1978年フィールズ賞を受賞。ハーバード大学に学び,1969年博士号取得。マサチューセッツ工科大学(1973~88)を経て,1988年からイギリスのオックスフォード大学数学研究所に在籍。1978年フィンランドのヘルシンキで開催された国際数学者会議でフィールズ賞を受賞。幾何学的および位相空間的手法を代数的K理論の研究に応用,さらにルネ・F.トムが唱えたコボルディズム理論に,位相幾何学(→トポロジー)の分野で貢献した。1976年にはジャン・ピエール・セールが 20年前に提起した,抽象的な数学的空間の構造に関する問題の解を見出している。20世紀の数学で包括的な発展をみた高度な一般化空間が,次元という基本的な構成要素から展開できることを証明した。著書に "Homotopical Algebra"(1967),"The Interface of Mathematics and Particle Physics"(1990,共著)など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android