コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンケル キンケルKinkel, Klaus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンケル
Kinkel, Klaus

[生]1936.12. メチンゲル
ドイツの政治家。チューリンゲン大学,ボン大学,ケルン大学で学び,弁護士,法学博士となる。 1970年ブラント内閣の内相 H.ゲンシャーの私的スタッフとなり,74年ゲンシャーが外相に転出したのに伴って外務省に移り,官房長などを歴任。 79年連邦情報長官に文官として初めて就任し,東ドイツのスパイ摘発で功績を上げる。 82年法務次官となり,91年1月から法相。 92年5月ゲンシャー外相辞任後,外相就任。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キンケル【Gottfried Johann Kinkel】

1815‐82
ドイツの詩人。ボン大学教授で1848年革命家の一人。49年春のバーデン,ファルツ蜂起に参加して捕らえられ無期懲役の判決を受けるが,50年11月かつての教え子で同志でもあったシュルツCarl Schurz(1829‐1906)の助けでシュパンダウ刑務所から脱獄し,ロンドンに亡命する。亡命当初は〈ドイツ革命公債〉計画などの旗頭にまつりあげられて奔走するが,やがて政治活動の表舞台から完全に退く。66年チューリヒに移住して同地の工科大学教授となり,生涯を終える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キンケルの関連キーワードマイゼンブーク

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android