キンバレイ岩(読み)キンバレイがん(英語表記)kimberlite

翻訳|kimberlite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンバレイ岩
キンバレイがん
kimberlite

超塩基性岩の一種で,蛇紋石を主とし,金雲母を含む脈岩状の斑状火成岩橄欖石輝石チタン鉄鉱柘榴石を含み,しばしばダイヤモンドを伴い,ダイヤモンド鉱床の母岩となることで注目される。地表に溶岩流として流出することはない。先カンブリア時代の安定大陸の断裂隆起帯に沿って産し,アルカリ玄武岩,霞石岩などの塩基性岩やカーボナタイトを伴う。南アフリカ共和国のケープ地方からコンゴ民主共和国にかけて多数のキンバレイ岩岩脈があり,南アフリカのキンバリーおよびプレトリア周辺はダイヤモンドの産地として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android