コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キン青石(菫青石) きんせいせきcordierite

世界大百科事典 第2版の解説

きんせいせき【キン青石(菫青石) cordierite】

コーディエライトともいう。泥質岩起源の接触変成岩や比較的低圧の広域変成岩に広く出現する造岩鉱物の一つ。花コウ岩,ペグマタイト安山岩やその捕獲岩にも含まれていることがある。化学組成は(Mg,Fe)2Al4Si5O18。斜方晶系に属し,比重2.53~2.78,モース硬度7,特徴的な淡青色から濃青色または紫色を呈する。へき開は不明瞭,塊状ないし粒状,まれに六角短柱状結晶として産出する。多片双晶をなすことが多く,泥質岩中には時に三つの双晶の境が変質分解し,六角形の断面が桜の花のような形を示すことがあり,俗に桜石と呼ぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キン青石(菫青石)の関連キーワードコーディエライト

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android