コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ(珪)酸塩鉱物 けいさんえんこうぶつ

百科事典マイペディアの解説

ケイ(珪)酸塩鉱物【けいさんえんこうぶつ】

ケイ酸塩の形で存在する鉱物。主要な造岩鉱物で地殻の大部分を占め,種類が多い。化学組成は一見複雑であるが,結晶構造はケイ素酸素四面体SiO4を骨格とし,その間に金属イオンを含むという共通の特徴がある。
→関連項目角セン(閃)石カスミ(霞)石キン(菫)青石ケイ(珪)線石紅柱石ザクロ(石榴)石蛇紋石造岩鉱物へき(劈)開

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ケイ(珪)酸塩鉱物の関連キーワードケイ(珪)素酸素四面体

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android