コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キースラー Frederick Kiesler

世界大百科事典 第2版の解説

キースラー【Frederick Kiesler】

1890‐1965
オーストリアの芸術家。ウィーンに生まれ,劇場建築家として20世紀初めの前衛的な芸術運動に参加。1926年ニューヨークに渡り,舞台デザイン,ディスプレー・デザイン,絵画,彫刻,詩など広い分野で活躍する。環境という立場から建築をふくむ造形芸術をとらえ,近代建築に批判的で,独自の住宅案〈エンドレス・ハウス〉(1949‐60)を発表。〈死海写本〉を収蔵するためエルサレムに建てられた〈聖典殿Shrine of the Book〉(1965)が遺作となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キースラー
きーすらー
Frederick John Kiesler
(1890―1965)

オーストリア出身のアメリカの建築家、舞台装置家、彫刻家。彼が主唱した「終わりのない(endless)」空間構想は、合理主義の幾何学的空間意想に鋭く対立して異彩を放った。生地ウィーンの工科大学および美術アカデミーで学び、1920年代に入り、建築家A・ロースに協力すると同時に、オランダの「デ・ステイル」のグループと結んで頭角を現す。25年のパリ装飾博覧会での「空間都市」の提案で一躍国際的に知られるようになり、26年アメリカへ移住。以来ジュリアード音楽学校の舞台監督を引き受け、ステージ・デザインに腕を振るうとともに、コロンビア大学建築研究所の所長も務めた。建築設計にフィルム・ギルド・シネマ(1930)、ユニバーサル・シアター(1933)、今世紀美術ギャラリー(1942)など。第二次世界大戦後の彼の仕事でもっとも注目されたのは「エンドレス・ハウス(終わりのない家)」計画(1959)であり、その自在で不定形なプランと有機的な形と空間の輪郭で注目を集めた。晩年に実際に建てられた建物としてはエルサレムの死海写本のための神殿(1959)などがある。[長谷川堯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キースラーの関連キーワードプライス(Cedric Price)アロンドラ デ・ラ・パーラ層状含銅硫化鉄鉱鉱床層状含銅硫化鉄鉱床キプロス型銅鉱床海底熱水鉱床9月22日ビロクシー後生鉱床長谷川堯交代鉱床硫化鉄鉱山口勝弘富鉱体銅鉱床

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android