コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キール条約 キールじょうやく Treaty of Kiel

3件 の用語解説(キール条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キール条約
キールじょうやく
Treaty of Kiel

1814年1月 14日デンマークスウェーデンイギリスの間で締結された条約。 12年ロシアと同盟を結びフランスに対したスウェーデン皇太子カルル・ヨハン (のちのカルル 14世 ) は,スウェーデン,プロシア,ロシアの軍隊を率いてデンマークに侵入した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キールじょうやく【キール条約】

ナポレオン戦争の敗戦国デンマークと,イギリス,ロシア,スウェーデンの間で,北ドイツキールにおいて1814年1月14日に締結された講和条約。この条約でデンマークは,ナポレオン討伐軍への参戦に加え,イギリスにヘルゴラント島を割譲し,さらに同君連合の相手国ノルウェーをスウェーデン王に〈割譲〉した。これはノルウェーの独立運動をひきおこす原因となり,独立に失敗しスウェーデンとの連合へ移行したのちにも,スウェーデン国家の干渉を排するノルウェーの自治権の根拠として,〈王への割譲〉という表現がその法的地位の解釈に多大な意味をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キール条約
きーるじょうやく

1814年1月14日、当時デンマーク領であったキールKiel(現ドイツ)において、ナポレオン戦争の敗戦国デンマークと、イギリス、ロシア、スウェーデンとの間で締結された講和条約。この条約でイギリスにヘルゴラント島を割譲したデンマークは、ナポレオン討伐軍として1万の兵をスウェーデン軍のもとに派兵、さらに同君連合の相手国ノルウェーをスウェーデン王に譲渡した。その見返りのスウェーデン領リューゲン島、スウェーデン領ポメラニアは翌年プロイセン領となり、さらにその見返りは人口約5万のプロイセン領ラウエンブルクであった。アイスランドフェロー諸島グリーンランドを切り離されたノルウェーは、同君連合の相手国を譲渡しえないと反論し、デンマーク人総督クリスティアン・フレデリク(後のデンマーク王クリスティアン8世)を王に擁立して独立を宣言した。
 しかし、その後すぐにスウェーデンの圧力に屈してスウェーデンとの同君連合に移行したノルウェーは、スウェーデン政府の内政干渉を排するために、その自治権の法的根拠をキール条約上の表現である「スウェーデン王への譲渡」ということばに求めた。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キール条約の関連キーワード第二帝政ナポレオン岩ナポレオン戦争奈翁ルイナポレオンナポレオンフィッシュナポレオン狂島のナポレオンナポレオンの密書ルイ・ナポレオン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone