コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギバチ Pseudobagrus aurantiacus

2件 の用語解説(ギバチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギバチ【Pseudobagrus aurantiacus】

ナマズ目ギギ科の淡水魚イラスト)。ギギュウギギョウ(群馬県),ゲバチギンギョ(岩手県),ゲギュ(宮崎県大淀川)などの地方名がある。その大部分はギギの場合と同様に胸びれのとげによる発音に由来すると思われる。ギバチとゲバチはギ,ゲという音を出すハチの意で,刺されると痛むためであろう。東日本と九州とに不連続に分布するが,最近の研究によれば東日本産と九州産とではわずかながら形態などに差異が認められる。全長10~25cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギバチ
ぎばち / 義蜂
[学]Pseudobagrus aurantiacus

硬骨魚綱ナマズ目ギギ科に属する淡水魚。日本特産種。近縁のギギ(別名ハゲギギ)やネコギギを含めて、ギーギー、またはギュギュなどともよばれる。日本海側は九頭竜(くずりゅう)川、太平洋側は相模(さがみ)川以北の本州と筑後(ちくご)川以南の九州というように、かけ離れて分布している。川の中・下流域や、湖・池の石の下や石垣の間に生息し、夜間や濁り水のときに出てきて、底生動物やエビ、小魚を食べる。6~7月に石の下面や水草の根の下側に卵を固めて産み付ける。幼魚は1か所に集中していることが多い。成魚は15~20センチメートルに達する。本種とギギ、ネコギギの3種は、いずれも胸びれの棘(とげ)と付け根の骨をこすり合わせて、ギーギーと独特の音を発する。[水野信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギバチの関連キーワードナマズアメリカナマズ義義疑義擬議義蜂電気鯰ぎぎめ・く継ギセル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギバチの関連情報