コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイチョウ(貴州)高原 クイチョウこうげんGuizhou gaoyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイチョウ(貴州)高原
クイチョウこうげん
Guizhou gaoyuan

中国南部に広がる高原。ユンクイ (雲貴) 高原の東半にあたり,クイチョウ省全域のほか,隣接する省,自治区の縁辺にわたっている。北をスーチョワン (四川) 盆地,南をリウ (柳) 江中流の盆地にはさまれる。いくつかの山脈から成り,全般に北西から南東に低下する。開析が進んでおり,一般に高原面は標高 1100~1500mで尾根筋にだけ残り,急斜面で谷に落込んでいる。中央部は南半をミヤオリン (苗嶺) 山地,北半をターロウシャン (大婁山) 山脈,フォーティン (仏頂) 山が占める。チャン (長) 江水系のウー (烏) 江,ユワン (沅) 江,チュー (珠) 江水系のホンシュイ (紅水) 河,リウ江などの上流域にあたる。パーツー (壩子) と呼ばれる面積2~50km2の盆地が散在し,人口の密集した農業地域となっている。広く石灰岩層が分布し,カルスト地形が各所にみられる。河川は伏流をなす部分も多い。スギ類を中心とした用材のほか漆,桐油,薬草,五倍子,シロキクラゲ,さく蚕糸など林産物が豊富。水銀,石炭の大鉱床,リン,アルミニウム,鉛などの地下資源がある。気候は温和で,南部の谷では熱帯作物も栽培される。雨量が多く,中部のクイヤン (貴陽) 市では曇天が年間 220日にのぼる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クイチョウ(貴州)高原の関連キーワードチャントー(常徳)特別市ワンチョウ(万州)区ホワイホワ(懐化)市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android