コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサキリ クサキリRuspolia lineosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサキリ
Ruspolia lineosa

直翅目キリギリス科。体長 25mm内外,翅端まで 50~55mm。体色は緑色または褐色の2型がある。頭頂は突出するがとがらずに丸みを帯び,複眼より前方の突出部は複眼間隔より短い。触角は糸状で長い。前翅には小黒色斑がある。雌の産卵管は長く,翅端を越えて突出する。成虫は8~10月頃草原で「じー」と鳴く。日本全土,東南アジアに分布。 (→キリギリス , 直翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クサキリ

直翅(ちょくし)目キリギリス科の昆虫の1種。体長(翅端まで)45mm内外,淡緑色か薄茶色。クビキリギスに似るが,頭の突出が弱い。北海道を除く日本,中国大陸,台湾〜インドに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサキリ
くさきり / 草螽・草切り
[学]Homorocoryphus lineosus

昆虫綱直翅(ちょくし)目キリギリス科に属する昆虫。とがらない頭頂をもつ、中形、細形の種類。クビキリギスによく似るが、本種は頭頂がとがらないので区別できる。体長およそ25ミリメートル、翅端まででは40~50ミリメートル。体色は緑色型と褐色型の2型があるが、脚(あし)の脛節(けいせつ)は緑色の型でも褐色である。前翅は末端まで狭くなることはなく、翅端は円くなっている。雄の前翅基部の発音器は小さい。雌の産卵管は剣状で長く突き出し、クビキリギスのように基部で細くなることはない。草原にすみ、8~10月ごろに成虫となり、あまり活発な虫ではない。雄はジーンという連続音を出して鳴くが、クビキリギスほど強くない。本州以南に分布し、中国、東南アジアにまでみられる。近縁種ヒメクサキリH. jezoensisは、北海道から本州中部地方にかけて分布しており、クサキリより小形である。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クサキリの関連キーワードクロアナバチキリンサイアナバチ飢饉

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android