クチベニタケ(読み)くちべにたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)「クチベニタケ」の解説

クチベニタケ
くちべにたけ / 口紅茸
[学] Calostoma japonicum P. Henn.

担子菌類・腹菌類、ニセショウロ目クチベニタケ科のキノコで日本特産。山道の路傍の裸地やコケに混じって生える。地上には丸い頭部だけを出し、柄は地中に埋まる。頭部は球形で、径1センチメートル内外、表面は白っぽく、頂端に紅色に縁どられる星形の裂け目がある。内部には胞子が白い粉の塊のように充満する。地中の柄は飴(あめ)色の細い紐(ひも)を束ねたような形で軟骨質、高さは1.5センチメートルほどになる。近縁種にタイワンクチベニタケC. junghunii (Müll.) Mass. とミナミクチベニタケC. sarasini (Henn.) Over. がある。前者は西表(いりおもて)島、台湾、ヒマラヤに、後者は東南アジアと屋久(やく)島に分布する。

[今関六也]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android