コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチュルク くちゅるく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチュルク
くちゅるく
Kuchluk
(?―1218)

モンゴル、ナイマン部長タヤン・ハンの子。漢字では克出魯克、曲出律などと音写される。タヤン・ハンがチンギス・ハンに攻め殺されると(1204)、西遼(せいりょう)(カラ・キタイ)王チルクのもとへ逃げ(1208)、その王女をめとった。天山山脈北方のナイマン部を糾合し、ホラズム王ムハンマドと同盟してチルクを攻めて捕らえ、カラ・キタイ王となった(1211ころ)。ついでタリム盆地の西部を征服したが、チンギス・ハンの部将ジェベに追われ、殺された。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクチュルクの言及

【ナイマン】より

…1204年チンギス・ハーンに討滅されたが,その際その文字や国制はモンゴルに影響を与えた。またこのとき同部の王子クチュルクは西遼(カラキタイ)にのがれ,のち西遼国を奪ったが,18年にモンゴル帝国の討滅軍によって捕殺された。【吉田 順一】。…

※「クチュルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クチュルクの関連キーワードナイマン(トルコ系部族)ナイマン(乃蛮)部チルク(直魯古)中央アジア史モンゴル帝国カラ・キタイカラ・キタイジェベ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android