コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチュルク くちゅるく

1件 の用語解説(クチュルクの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチュルク
くちゅるく
Kuchluk
(?―1218)

モンゴル、ナイマン部長タヤン・ハンの子。漢字では克出魯克、曲出律などと音写される。タヤン・ハンがチンギス・ハンに攻め殺されると(1204)、西遼(せいりょう)(カラ・キタイ)王チルクのもとへ逃げ(1208)、その王女をめとった。天山山脈北方のナイマン部を糾合し、ホラズム王ムハンマドと同盟してチルクを攻めて捕らえ、カラ・キタイ王となった(1211ころ)。ついでタリム盆地の西部を征服したが、チンギス・ハンの部将ジェベに追われ、殺された。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクチュルクの言及

【ナイマン】より

…1204年チンギス・ハーンに討滅されたが,その際その文字や国制はモンゴルに影響を与えた。またこのとき同部の王子クチュルクは西遼(カラキタイ)にのがれ,のち西遼国を奪ったが,18年にモンゴル帝国の討滅軍によって捕殺された。【吉田 順一】。…

※「クチュルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone