コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クッパー星細胞 クッパーほしさいぼうKupffer stellate cells

世界大百科事典 第2版の解説

クッパーほしさいぼう【クッパー星細胞 Kupffer stellate cells】

1876年,ベルリン大学教授であったクッパーKarl von Kupffer(1829‐1902)は,肝臓に塩化金による染色を施し,これによって染まる星型の細胞を見いだし,星細胞Sternzellenと命名した。ついで1898年,彼は墨汁を注射した動物の肝臓の洞様毛細血管の内皮の位置にあって異物(墨汁)をとりこむ細胞を星細胞と発表した。以後,肝臓の洞様毛細血管壁において異物をたべこむ細胞をクッパー星細胞というならわしになっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クッパー星細胞の関連キーワードおもなお雇い外国人リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽アブデュルハミト[2世]ロダン

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android