コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微絨毛 ビジュウモウ

3件 の用語解説(微絨毛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

び‐じゅうもう【微×絨毛】

動物の細胞表面にある小突起。成長期の卵母細胞、小腸や細尿管の上皮細胞、内耳や鼻の感覚細胞などにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

びじゅうもう【微絨毛 microvillus】

細絨毛,絨毛様突起とも呼ばれる。細胞,ことに絨毛の細胞表面にある指状突起。絨毛は腸粘膜や腎臓の近位尿細管の上皮細胞,哺乳類の胎盤と子宮壁の接触面などにあって,それ自体が指状突起をもつので,微絨毛はいわば二重に吸収表面積を拡大するという機能をもつ。上記以外に各種の感覚細胞やウニの卵細胞,カタツムリの外套膜表皮などにも微絨毛はみられる。1本の微絨毛は直径0.1μm内外,長さ0.2~数μmの範囲で,数本から数十本のアクチン繊維の束が含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微絨毛
びじゅうもう

動物細胞の自由表面や隣接する細胞間の間隙(かんげき)に、電子顕微鏡的に観察される細胞質性の突起をいう。長さは0.2ないし数マイクロメートル、直径はおよそ0.1マイクロメートル程度である。よく発達した微絨毛は外側に糖タンパク質性の外被(糖衣)をもち、中心には中軸細糸が走って細胞内まで達し、中軸細糸は端網層を形成する。成長期の卵母細胞、小腸上皮細胞、腎臓(じんぞう)の細尿管主部の上皮細胞の微絨毛は直径と長さが一様で、密生して規則正しく配列し、刷子縁(さっしえん)とよばれる構造を形成する。小腸刷子縁には各種消化酵素が局在する。[八杉貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の微絨毛の言及

【吸収】より

… 小腸粘膜は,ひだ構造や絨毛(じゆうもう)villusとよばれる突起が存在するため,吸収表面積が非常に大きい。さらに,小腸管腔に面して1層に配列している上皮細胞(吸収細胞ともいう)の管腔に面した側には微絨毛microvillusとよばれる無数の微細突起構造があり,上皮細胞の表面の膜の総面積は吸収面が平たんな管として計算した面積の約600倍も大きくなっている。なお微絨毛構造は,吸収面積を増加させることだけではなく,微絨毛の膜表面での消化(このような消化を膜消化という)と吸収が効率よく行われるために非常に重要な役割をもっている。…

【絨毛】より

…その存在によって小腸の吸収面はこれがまったくないと仮定した場合の数倍の広さになっている。絨毛表面の上皮細胞は,多数の原形質の小突起,すなわち微絨毛microvillusをもち,さらに表面積を大きくしていることが多い。そして絨毛の内部にはリンパ管(ここでは中心乳糜(にゆうび)腔とよばれる)や毛細血管網がよく発達していて,栄養物は腸の上皮を経てこれらの脈管の中に到達するものである。…

【消化】より

…この過程を終末消化とよぶ。吸収細胞の管腔側は特殊な構造になっており,直径約0.1μm,長さ約1μmの細胞質突起(微絨毛microvillus)が整然と密生している。この微絨毛間の間隙(かんげき)は幅0.1μmとひじょうにせまく,細菌その他の微生物のはいり込めない空間となっている。…

【吸収】より

… 小腸粘膜は,ひだ構造や絨毛(じゆうもう)villusとよばれる突起が存在するため,吸収表面積が非常に大きい。さらに,小腸管腔に面して1層に配列している上皮細胞(吸収細胞ともいう)の管腔に面した側には微絨毛microvillusとよばれる無数の微細突起構造があり,上皮細胞の表面の膜の総面積は吸収面が平たんな管として計算した面積の約600倍も大きくなっている。なお微絨毛構造は,吸収面積を増加させることだけではなく,微絨毛の膜表面での消化(このような消化を膜消化という)と吸収が効率よく行われるために非常に重要な役割をもっている。…

【十二指腸】より

…絨毛は上皮,粘膜固有層からなり,絨毛の芯となる粘膜固有層の部分には毛細血管やリンパ管が入りこみ,吸収物質の運搬に働いている。また粘膜上皮細胞の大部分を占める吸収上皮細胞の内腔面には微絨毛とよばれる長さ1μm,径0.1μmの小突起が密生している。輪状ひだ,絨毛,微絨毛という3段階の仕組みによって腸の表面積は著しく増加することになる。…

【絨毛】より

…その存在によって小腸の吸収面はこれがまったくないと仮定した場合の数倍の広さになっている。絨毛表面の上皮細胞は,多数の原形質の小突起,すなわち微絨毛microvillusをもち,さらに表面積を大きくしていることが多い。そして絨毛の内部にはリンパ管(ここでは中心乳糜(にゆうび)腔とよばれる)や毛細血管網がよく発達していて,栄養物は腸の上皮を経てこれらの脈管の中に到達するものである。…

【消化】より

…この過程を終末消化とよぶ。吸収細胞の管腔側は特殊な構造になっており,直径約0.1μm,長さ約1μmの細胞質突起(微絨毛microvillus)が整然と密生している。この微絨毛間の間隙(かんげき)は幅0.1μmとひじょうにせまく,細菌その他の微生物のはいり込めない空間となっている。…

【小腸】より

…このケルクリングひだと無数の絨毛の存在により小腸の表面積はきわめて大きいものとなる。絨毛の表層上皮細胞の表面には小皮縁(刷子縁)と呼ばれる部分があり,この部分を電子顕微鏡で観察すると,微絨毛と呼ばれる小さい突起が密生していて,ここには吸収に関連する種々の酵素が存在している。小腸の表面積はまずケルクリングひだの存在により,単純な円筒としての面積の3倍となり,さらに絨毛の存在で30倍(約10万cm2),微絨毛の存在で600倍(約200万cm2)という膨大なものとなり,小腸内での消化,吸収を容易にしている。…

【上皮】より

…上皮細胞の基底側には細胞膜の下に基底膜(基底板)があり上皮を裏打ちしている。上皮細胞において腔に面する側を上部とよび,細胞質の突起である微絨毛(びじゆうもう)をもつことが多い。その表面を糖衣glycocalyxがおおっている。…

※「微絨毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

微絨毛の関連キーワード軸索絨毛樹状突起乳様突起虫様突起柔突起神経細胞体希突起膠細胞絨毛性疾患の種類存続絨毛症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone