コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クニッゲ クニッゲ Knigge, Adolf Franz Friedrich, Freiherr von

2件 の用語解説(クニッゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クニッゲ
クニッゲ
Knigge, Adolf Franz Friedrich, Freiherr von

[生]1752.10.16. ハノーバー近郊
[没]1796.5.6. ブレーメン
ドイツ啓蒙主義哲学者,作家。カッセルの宮廷に仕え,のちブレーメン知事。地方貴族の出身でありながら台頭する市民階級の立場をとり保守勢力に対抗。鋭い機知にあふれた社会風刺小説を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クニッゲ【Adolph Freiherr von Knigge】

1752‐96
ドイツの作家,社会評論家。風刺的で教育的な作風をもち,啓蒙主義の精神にもとづいて市民社会とその文化の確立を促し,フランス革命の理念を擁護した。ハノーファー近郊の貴族の出身。ゲッティンゲン大学で法律を学び,カッセルの宮内官に任ぜられたが,昇進も早いかわりに失脚も早く,ドイツ各地で宮仕えをしたのち,借財を負った領地の経営に失敗,官吏の職についてブレーメンで死去。その間,《わが生涯の小説》(1781‐83),《ブラウンシュワイクへの旅》(1792)など多数の作品を出版したが,最も著名なのは《人間の交際について》(1788,第3版1790)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クニッゲの関連キーワードインマーマン西ドイツ教育的評論家統一ドイツパロ・るドイツの小さな町教育的・社会的弱視《社会評論》《新社会評論》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone