コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クニッゲ Knigge, Adolf Franz Friedrich, Freiherr von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クニッゲ
Knigge, Adolf Franz Friedrich, Freiherr von

[生]1752.10.16. ハノーバー近郊
[没]1796.5.6. ブレーメン
ドイツの啓蒙主義哲学者,作家。カッセルの宮廷に仕え,のちブレーメン知事。地方貴族の出身でありながら台頭する市民階級の立場をとり保守勢力に対抗。鋭い機知にあふれた社会風刺小説を書いた。主著『わが人生の物語』 Der Roman meines Lebens (1781~87) ,『人間交際について』 Über den Umgang mit Menschen (88) 。後者は社交術,マナーの規準を教えた本として長い生命を保った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クニッゲ【Adolph Freiherr von Knigge】

1752‐96
ドイツの作家,社会評論家。風刺的で教育的な作風をもち,啓蒙主義の精神にもとづいて市民社会とその文化の確立を促し,フランス革命の理念を擁護した。ハノーファー近郊の貴族の出身。ゲッティンゲン大学で法律を学び,カッセルの宮内官に任ぜられたが,昇進も早いかわりに失脚も早く,ドイツ各地で宮仕えをしたのち,借財を負った領地の経営に失敗,官吏の職についてブレーメンで死去。その間,《わが生涯の小説》(1781‐83),《ブラウンシュワイクへの旅》(1792)など多数の作品を出版したが,最も著名なのは《人間の交際について》(1788,第3版1790)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クニッゲの関連キーワード10月16日照明派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android