クニッペル・チェーホワ(読み)くにっぺるちぇーほわ(英語表記)Ольга Лео нардовна Книппер‐ЧеховаOl'ga Leo nardovna Knipper-Chehova

  • 1869―1959
  • Ольга Лео нардовна КнипперЧехова Ol'ga Leo nardovna Knipper-Chehova

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシア・ソ連の女優。ネミロビチ・ダンチェンコに師事、モスクワ芸術座の創立に参加、『かもめ』にアルカージナ役で出演してチェーホフと知り合い、1901年に結婚した。チェーホフの死(1904)後も女優として活躍、チェーホフやスタニスラフスキーの回想を書いた。『桜の園』のラネーフスカヤ夫人、『ワーニャ伯父さん』のエレーナ、『三人姉妹』のマーシャなどチェーホフ劇で主役をつとめ、『どん底』のナースチャ役もはまり役であった。[中本信幸]
『池田健太郎訳『夫 チェーホフ』(1979・麦秋社) ▽牧原純・中本信幸訳『チェーホフ・クニッペル往復書簡1』(1984・麦秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1868年9月21日
ソ連の女優
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android