コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クネイトラ Quneitra

世界大百科事典 第2版の解説

クネイトラ【al‐Qunayṭira】

シリア南西部にある同名県の中心市。東には小さな平野が広がり北から南東に走るジャージ・ワーディーが境界をなす。クネイトラはローマ帝国の支配下に入りこの地域の総督の駐屯地となった。19世紀後半になって古代の町への定住が行われた。1967年には人口2万9000を数えたが,第3次中東戦争後イスラエルの下に入り人口は激減し,74年にシリアへ戻った。【木村 喜博】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android