コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クネイトラ クネイトラQuneitra

2件 の用語解説(クネイトラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クネイトラ(Quneitra)

シリア南西部の都市。レバノンイスラエルとの国境に近いゴラン高原の谷間に位置する。第三次中東戦争、第四次中東戦争におけるイスラエル軍との戦いにより廃墟となった。現在は国際連合の監視による非武装地帯となっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クネイトラ【al‐Qunayṭira】

シリア南西部にある同名県の中心市。東には小さな平野が広がり北から南東に走るジャージ・ワーディーが境界をなす。クネイトラローマ帝国の支配下に入りこの地域の総督の駐屯地となった。19世紀後半になって古代の町への定住が行われた。1967年には人口2万9000を数えたが,第3次中東戦争後イスラエルの下に入り人口は激減し,74年にシリアへ戻った。【木村 喜博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クネイトラの関連情報